5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

今ある銀行は必要なくなる!

ノンカテゴリ

今ある銀行は必要なくなる!
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

今ある銀行は必要なくなる

ファイナンス(金融)とテクノロジーを組み合わせた
「フィンテック」という言葉が世間を賑わし、

世界における「お金」そのものの概念が
根本から変わろうとしています。



2016年2月16日に『プレジデント』誌に
掲載された記事によると、

ビルゲイツ氏も「今ある銀行は必要なくなる」と
断言しています。



インターネットが「情報」という分野で
時代を大きく変えたのは周知の通りですが、

「仮想通貨」が「お金」に関して
大変革をもたらそうとしているのです。



そのような時代の大転換期にもかかわらず、
日本は「仮想通貨」に関して、

「もっとも遅れている国」
と言っても過言ではありません。



そもそも「仮想通貨」という言い方さえ
間違っているのです。


では、「仮想通貨」ではなく、
正しくは何なのか?


正しくは「暗号通貨」と言います。


暗号通貨について分かりやすいように各質問に
答えていきたいと思います。



◆「仮想通貨」と「普通のお金」の違いは?


「普通のお金」=法定通貨



法定通貨とは、日本政府がお金と認め、日本銀行が発行している

中央集権的な管理のもとに発行され、国がお金だとみとめているもの。


これに対し暗号通貨は、


政府や銀行も介さず「お金」として個人間で直接取引ができるもの。


簡単に言うとこういう事になります。





◆「仮想通貨」が世界的に急速に普及しているのか?


  それは「必要性」があるから!



暗号通貨が必要な理由

  これはズバリ送金の手段ですね!



日本では銀行口座を持っている人は国民の97%

口座を持っているのは当たり前のように思えるかも知れませんが

こんなに銀行網が発達しているのは日本だけで、

海外では口座を持っていない方はものすごく多いわけです。


世界人口、72億人、口座保有者12億人となっています。



例えば

フィリピンですと銀行口座を持っているのは国民の30%

海外へ出稼ぎに来ている人が沢山います。

その人たちが本国の家族へ送金する場合

これまでは送金代行業者、ウエスタンユニオンなどに

頼んでいた訳ですが、手数料が10%も掛かっていた。


こう言ったことから暗号通貨は


いつでも、どこでも、誰でもが安い手数料で

瞬間的な送金を実現し送金の手段として

世界に広まっている。



◆ 日本で「仮想通貨」がなかなか受け入れられない理由は?


理由は3つあります。


1:日本では国内送金の手数料の安さや国際送金の機会の
 少なさから暗号通貨の必要性を感じにくい。


2:日本人の精神性


 よく分からないものは怪しい!


 と思うのではなく、よくわからないから

 しっかりと勉強する。


3:マウントゴックス社の破たん


 



 日本最初の取引所であるマウントゴックスは経営者の

 不正によるものであり、そこで取引されていた暗号通貨

 
 に問題があった訳ではない。



以上の点から


 日本では暗号通貨が普及しない背景があった。




しかしながら


 ◆インターネットは情報の瞬間移動


 インターネットは瞬間的に情報にアクセスできるという革命を起こした。


 メールも同様に瞬間的に相手に送ることが出来る。



 この様に暗号通貨も同じくお金の瞬間移動を実現させようとしている。




 ◆暗号通貨は、いつでも、どこでも、誰でもが安い手数料で送金できるという


 「お金の瞬間移動」を可能にし、


  世界的に革命を起こしている!


世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!